買取不可となってしまうケースについて

iPhoneは発売当初から安定的な人気のあるスマートフォンです。
今使われているという方も多いことでしょう。
買い替えのタイミングがきたなどという時にそれを買取してもらうというのも有効的な手段ではありますが中には「買取不可」のものもあるようです。
ここでは、そんな買取不可のiPhoneについて触れていきましょう。

不正と判断された場合

不正な商品と判断された場合には買取ができない場合があります。

詳しく触れていくと、非ライセンス製品・模倣品・海賊版や盗品と思わしきものなどがこれに当たります。
海外版や輸入盤なども買取を実施していない店舗も多いようですのでご注意ください。

サンプルなどの扱いについて

サンプル版やデモ版として貸与されているとみなされた商品においても買取不可となってしまうでしょう。

ネットワークやロック関係について

ネットワークの利用政権がかかっているというiPhoneである場合。
パスワードや遠隔ロック・アクティベーションロックが解除できないという製品に関しては、価値がないとみなされてしまうために買取不可となってしまいます。

店舗による判断について

店舗ごとの判断によって買取不可となる場合もあります。
たとえば、故障や破損についてです。
これらの状態でも買取を実施している店舗もあるのですが、一切を行っていないという場合もあるのです。
もし、故障をしているという場合には、それでも買い取ってくれる店舗を探していただくのが良いでしょう。

不可のケースを知ること

今回は、買取不可となってしまうケースについて触れていきました。
こうした点を知っておくことで、よりスムーズに買取を進めていただけるかと思います。

関連する記事